--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.23 12:46|お出かけ

東京で開催されている「Tresures of the Habsburg Monarchy"/ The ハプスブルグ」展に行ってきました420

The National Art Center Tokyo The National Art Center Tokyo2 

チケットは待たずに買えるのですが、さすがに中は混雑してました。 東京での開催は12月14日までなので、まだの方はぜひ2 ハプスブルク家の所蔵絵画、工芸品と武具が展示されています。 肖像画はもちろん、イタリア、ドイツ、スペイン、フランドル・オランダ絵画にわたる豊富なコレクションが当時のハプスブルク家の勢力を物語ります。とくに11歳の女帝マリア・テレジアの凛とした美しさには惹かれました。420 

そして、Papillonsの先祖である「Continental Toy Spaniels / コンティネンタル・トイ・スパニエル(Phalene)」がハプスブルク家の肖像画にも描かれています。 「Infante Felipe Prospero / 皇太子フェリペ・プロスペロ」が手を置いている椅子にちょこっと顎をのせて座っている目がくりっとした犬がFhaleneです!とても愛くるしくかわいい266!! 思わず目尻が下がってしまいました455Chu Chu

パピヨンの歴史をみてみると、700年前にさかのぼるようです。 中世のヨーロッパの宮廷で飼われていて、多くの宮廷画家達、Titian, Rubens, Velazquezなどの絵画に描かれています。 Largilleに描かれている Louis XIV and Familyには家族の前で遊んでいるPhaleneが見られます!広い宮殿で自由にはしりまわっていたのでしょうね。 ま~、うらやましい420 フランス宮廷ではRoyal Dogsと呼ばれていて、とくにKing Henry IIIやMadame Pompadourに愛されていたようです。(参照文献: Papillions by Deborah Wood)  そしてMarie Antoinetteの愛犬だったのも有名な話ですね。 昔も今も愛くるしさはかわらないんですね415

 

テーマ:パピヨン
ジャンル:ペット

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Welcome!

ワンコウォッチ

プロフィール

ロアママ

Author:ロアママ
2匹のPapillonsとWanonelifeを楽しんでいる東京在住のママ(Leo/獅子座)。

Flora(フローラ) 女の子(W&B) 3.5kg 2007/12/05生(Sagittarius/射手座)。栃木の実家で大ママと同居中。甘えん坊でいたずらが大好きなお転婆娘。

Roi(ロア) 男の子(TRI) 2.8kg 2007/05/22生(Gemini/双子座。女の子大好きでお尻を追いかけるのが得意。いろんなワンちゃんに愛想をふりまくFriendlyなGentlewan!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本気象協会

フリーエリア

家庭向け節電サイト|電力使用状況お知らせブログパーツ

リンク

ブロとも一覧

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

過去ログ v Co リバース

Plug-in byまる。hi

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。